MINIの魅力

BMC時代のミニをモチーフとして2001年に発売された新型モデル。
BMWブランド以外では初のFF車で、BMWグループの狙うプレミアムのスモールの位置付けとなる。
旧型との区別が必要な際には、BMCを「先代ミニ」「クラシックミニ」、2001年以降を「BMWミニ」「ニューミニ」と呼称される事がある。

ボディサイズは軽自動車規格より小さかった先代と比べて大幅に拡大された。
各種ボディカラー、インテリアカラー、オプション装備を組み合わせることにより、バリエーションは約10万通りにも及ぶ。
デザイナーは、フランク・ステファンソン。
先代が40年間キープコンセプトで生産していたのと同様、モデルチェンジを経てもほぼ同じデザインを継承している。

日本への正規輸入車種はATのみの設定が多い中、全車種全グレードでMTが選択可能であったが、カントリーマン (クロスオーバー)のマイナーチェンジ(2014年9月8日)よりAT限定が設定されるようになった。

1994年、BMWがローバーを傘下に収め、生産を始めとするミニに関する全ての権利を有したことで開発がスタート、当初は英国を拠点としてローバーが中心となって進められ、1997年のジュネーヴ・モーターショーで一般公開された。
しかし、ローバーの経営は悪化の一途を辿り、BMWはローバーを切り離すこととなったため、ほぼ開発の終わっていたミニはドイツに開発拠点を移し、インチサイズのヤード・ポンド法から、ミリを用いるメートル法での再設計を行うこととなった。

紆余曲折の末、2001年に発表され、日本ではBMW JAPANが3月2日を「ミニの日」と名づけ、2002年3月2日に発売された。

BMWは生産に当たり、オックスフォード近郊にある旧ローバーのカウリー工場を本社とする生産子会社の“BMW (UK) Manufacturing Ltd”を設立し、オックスフォード工場として2001年4月から生産を開始。BMWグループとなった後もMINIの伝統を守る方針からドイツではなく英国で生産されているが、カントリーマン (クロスオーバー) とペースマンはオーストリアのマグナ・シュタイアが生産している。

増産対応のため、2006年9月12日よりミニプロダクション・トライアングル (通称:トライアングル) と称される英国内3工場での生産が開始された。

ボディパネルのプレス、シャーシコンポーネントとサブASSYはスウィンドン工場、シャーシ、塗装、組立はオックスフォード工場、以前ブラジルで行っていたミニ専用ガソリンエンジンは、バーミンガム近郊のハムス・ホール工場が担当している。

2002年3月2日に日本市場で発売されて以来、自動車市場に「プレミアム・コンパクト」という新たなセグメントを確立し、MINIはブランドとして大きな成長を遂げてきた。
2002年当時、3ドア・ハッチバック・モデルだけでビジネスを開始したMINIは、その後、MINI Convertible、MINI Clubman、MINI Crossover等、モデル・バリエーションを拡大すると共に、クリーン・ディーゼル・エンジン装備車を10車種もラインアップに加える等、拡大路線を歩んでいる。

顧客からの高いニーズに応えつつブランドのファン層を広げ、大きな成長を遂げたMINIの日本国内の累計販売台数はこれまでに20万台を超え、2015年には、過去最高となる21,083台の販売台数を記録している。

  • エクステリア・インテリア共に様々なオプションとカラーバリエーションのあるお気に入りの一台を作る事が出来るBMWミニ。
  • 小さすぎず、便利性を兼ね備えたBMWミニ。
  • BMWミニは3種類のグレード(ONE・クーパー・クーパーS)があり、2014年からジョン・クーパー・ワークスが追加。
  • ボディタイプも豊富なBMWミニ。
  • ミニ3ドア・ミニ5ドア・ミニクーペ・ミニロードスター・ミニクロスオーバー・ミニペースマン。
  • メインカーとしても、セカンドカーとしても使えるBMWミニ。
  • ローバーミニの特徴であった、ゴーカートフィーリングと呼ばれている軽快なハンドリングも残した、ローバーミニを知る人も楽しめるBMWミニ。
  • 二代目ミニから、パワステを油圧式から電子制御式に変更で女性には嬉しい、軽快なハンドル操作となった2代目BMWミニ。
  • 低重心で足回りは固くセッティングされているので、高速運転・コーナーなどでの安定性のあるBMWミニ 。